『人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問』河田 真誠 レビュー

自己啓発

生きていれば、
日々いろいろなことがありますよね。


ふと立ち止まったときに、
「わたしの人生、このままでいいのかな?」
そんな疑問が湧いてくることもあるかもしれません。


今日はご紹介する本は、


○ 自分の人生にモヤモヤしている人
○ 人生の分岐点に差し掛かっている人
○ 自分はもっと何かできるはずだと思う人


に、ぴったりの1冊です。
 

いい質問がいい人生をつくる

今日シェアさせていただく本は、
こちらです。

タイトル:人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問
著者:河田 真誠
発行日:2018.8.1
発行所:CCCメディアハウス


この本は、
自分自身にどんな質問をしたらいいか
ということが書かれている本です。


人は1日に約2万回も自問していて、
その質問の質がよくなれば、
答えの質もよくなり、
人生の質もよくなります。



例えば自分自身に、
「どうしてわたしは契約が取れないんだろう?」
という質問をすると、


「トークが下手だから」
「商品の良さをうまく伝えられないから」


など、ネガティブな答えが返ってきます。


これは、質問をすることにより、
脳が「契約が取れない理由」を探し出すからです。


質問する内容を、
「どうしたら契約が取れるだろう?」
に変えれば、


「商品についてもっと勉強しよう」
「もっとアポを増やそう」


などと、ポジティブな答えが返ってきます。


このように、
自分自身にどんな質問をするか
が大切です。


著者の言葉を借ります。

人生は、どんな質問を自分に投げかけているかでできているといっても過言ではない。

『人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問』河田 真誠 著 CCCメディアハウス

いい質問が、
いい人生をつくっていくんですね。

納得して生きる

この本は、ずっとそばに置いておいて、
定期的に読み返したいと感じました。


この本では、全部で11個の質問について、
深堀りしながらお話されています。


どの質問もとてもいい内容なのですが、
今のわたしに刺さりまくったのが、
1つ目の質問です。


その質問は、
今の自分に「いいね」できるだろうか?
です。


著者は、人生で最も大切なことは
「納得して生きること」だと言っています。


サラリーマンと起業家を比べたときも、
それぞれにメリット・デメリットがあります。


【サラリーマン】
メリット:安定している
デメリット:自由が少ない


【起業家】
メリット:自由がある
デメリット:安定していない


どっちが「いい」「悪い」
というのはありません。


大切なのは、
「納得しているか」です。

納得して起業家を選んでいれば、「今月の売上が少なくてねー」と不安定なことでさえも受け入れ、楽しむことができるだろう。同じく納得してサラリーマンを選んでいれば、「起業している人は満員電車に乗らなくていいし、自由に休めるし、いいよねー」とはならない。

『人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問』河田 真誠 著 CCCメディアハウス

専業主婦とフルタイム主婦も
似たような感じだなぁ、なんて
思いながら読みました。


【専業主婦】
メリット:時間がある
デメリット:収入が少ない


【フルタイム主婦】
メリット:収入が多い
デメリット:時間がない


自分で納得して、
「働く」「働かない」を選べば、
「隣の芝生は青く見える」ような
状態にはならないな、と思いました。


子どもがいると、
都合よくいかない場合も多いけど、


自分で考えられるだけの
メリット・デメリットを挙げて、
それぞれを見てしっかり考えた上で、
納得して選ぶことが大切だと思いました。


また、現状のメリット・デメリットを
考えることで、今現在自分が受け取っているものにも
改めて気づけると思います。

達成するまでのプロセスを楽しむ

1つ目の質問が、
【今の自分に「いいね」できるだろうか?】
という質問ですが、


人生このままでいいのかな?と
考えているくらいですから、
今の自分に「いいね」できない人が
多いかと思います。


では、なぜ「いいね」できないのでしょうか?
理由は4つあります。が、


その中で、わたしがとても為になったものを
1つシェアさせていただきます。


それが、
「過程を楽しめていない」です。


人はいつも何かしらの願いや夢、
目標を持っていると思います。


それを叶えるため、達成するために、
日々努力しているのですが、


真面目な人であればあるほど、
頑張り屋さんであればあるほど、
「達成しなければ!」
という義務感に襲われてしまいます。



「達成しなければ!」
「叶えなければ!」
「どうしても手に入れたい!」


そういった強い気持ちの裏には、
「今の自分はダメだ」
という否定の気持ちがあります。


夢を叶えた自分にはいいねできるけど、
今の自分にはいいねできない。



と、なってしまうわけです。


この気持ち、痛いほどよく分かります。
わたしもこういうタイプです。笑


でも、著者の言葉を読んで、
かなり目が覚めました。

夢は叶ってしまえば現実でしかない。あんなに心がウキウキしていたこともすぐに慣れてしまい、もっと大きな次の夢を見始める。人は満足することなく、もっともっとを求める生き物だ。叶うことだけが「いいね!」だとすると、人生の大半は「いいね!」ではない時間になってしまう。

『人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問』河田 真誠 著 CCCメディアハウス

どうですか?
わたしは視界がぱぁーっと
明るくなった感じがしました。


年収1,000万円を望み、達成すると、
次は年収2,000万円を望むようになります。


そして、3,000万円、1億円、と
人の欲望は限りないですよね。


お金もモノも愛も、
この「もっともっとの精神」が
豊かな心から遠ざけているような気がします。


少し話が逸れました。


夢を追うのはとてもいいことだと思いますが、
その夢を追う道中も楽しめるといいですよね。


その夢を追っている今の自分にも、
ぜひ、いいねしてあげてほしいです。

まとめ

この他にも、
自分を知るための質問や、
本当にやりたいことを見つける質問など、
質の高い質問がたくさん載っています。


この本の素晴らしさに感動したので、
著者の河田真誠さんの他の本も
読んでみたいなぁと思いました。


この本が気になった方は、
ぜひ読んでみてくださいね(´ω`*)


ブログランキングに参加しています。
▼▼▼
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


読書日記ランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました